HOME>注目記事>視野欠けが不安なら相談ができて適切な対処をしてくれる医療施設を選ぼう

対応しているところを選ぶ

視力検査

緑内障を診てくれる眼科を探すときは、当たり前ですが緑内障に対応しているところでなければ無理です。眼科ならばどこでも対応しているという考えは間違いなので、施設を訪れる前にしっかりと確認しましょう。対応していなければ検査器具を用意していないので、いくら粘ったとしても診てもらえることはありません。なお、緑内障に関わる治療をすべて受けたいと考えているのなら、手術施設を設置しているところでなければ駄目です。緑内障は初めは目薬で治療を行いますが、それが難しくなると手術をすることになるので、最初から最後まで対応してもらいたいなら手術施設の有無をチェックしましょう。

不安を解消してもらえる

目の仕組み

緑内障は失明してしまうこともある病気だというのを聞いて、不安になり落ち込んでいるかもしれません。しかし、ドクターの説明をしっかりと聞けば、それほど怖い病気ではないことが分かるはずです。少し話をすれば、緑内障でも普通に生活している方がたくさんいることが分かるので不安を解消できるでしょう。この不安解消を解消してもらえるというのは今後病気と闘っていくうえでとても大切なので、きちんと説明してもらえるドクターを選んだほうがよいです。

眼圧を下げてもらえる

医者と患者

普通の緑内障ならほぼ間違いなく目薬を処方されるところから始まるので、用法と用量を守ったうえで毎日利用しましょう。たくさん利用したからといって、緑内障が解消されるわけではありません。それどころか、目に副作用がでる可能性もあるので、今後の治療に悪影響を及ぼさないためにも、ドクターの指示はしっかりと遵守するようにしましょう。眼圧を下げる目薬を毎日使えば視神経に余計な負担をかけずに済むため、失明せずに済む確率がバッチリと上がります。

広告募集中