HOME>ホットトピックス>点眼と視野の検査で進行をある程度抑える事ができる

1ヶ月に1回の診察

視力検査

現在、40代以上の人の20人に1人が緑内障を患っているとの統計が出ています。誰でもかかりうる目の病気で、放置していても治るどころか視野が欠けてしまう恐ろしい病気です。1ヶ月に1回の定期検査が予防に効果的です。

半年に1度は視野の検査をする

女性

緑内障の治療に通っている人の場合、半年に1回は視野の検査を実施します。特殊な器械を使い、視野が欠けていないかを確かめる検査です。この検査を半年ごとに受けることで、緑内障が進行していないかを確認することができます。

毎日の点眼と定期的な診察の重要性

視力検査

緑内障と診断されたら、まずは眼圧をコントロールすることが大切です。毎朝1回点眼をするだけで、が夏を下げることができます。今の医療では、点眼だけでも十分に緑内障の進行を防ぐことができるのです。眼圧が高くなると視野が欠けてしまうので、眼圧を低く押さえるための点眼はとても重要です。それと、定期的に診察を受けておくことが、治療の一環としてとても大切なことです。

誰にでもかかりやすい目の病気

目の仕組み

条件が揃うと、誰でもかかりやすいといわれているのが緑内障です。特殊な病気というわけではなく、眼病などから発症してしまうケースもあります。治療方法が確立されているので、定期的に検査を受けることが何よりも大切です。

広告募集中